いぼに適切な処置を!美容皮膚科ですぐに始められることから実践

レディ

ウイルス性と老人性のいぼ

女性

いぼは大きく分けるとウイルス性と老人性があります。ウイルス性は免疫力が弱い子どもにかかりやすく、老人性は30代以降に出来やすいです。それぞれに適した治療を行うことが求められます。

いぼは整形外科で治療可能

ウーマン

いぼ治療をする際の整形外科を選ぶ際には、液体窒素治療や炭酸ガスレーザー治療が受けられるかを確認しておくことが大切です。費用の相場は10個未満だと750円程度です。

いぼが出来ないようにする

看護師

いぼを出来にくくしよう

いぼには様々な種類がありますが、美容皮膚科などで治療を行い、自分自身でも防ぐように気をつける必要があります。ウイルス性いぼは、肌荒れや傷口などからヒトパピローマウイルスが感染し発生します。放置していると、他の部位や他の人に移す可能性があります。まずウイルス性いぼを防ぐためには、皮膚を清潔に保つ必要があります。汗を掻いたらタオルで汗を拭き取り、怪我をしたらすぐに応急処置を行いましょう。通常の健康な状態であればいぼは出来ませんが、怪我をしたり体調を崩していると出来やすくなります。さらに、家族の中の誰かがいぼになった時は家族全員に移ってしまう可能性があります。別々のタオルを使うなどして、感染を未然に防ぎましょう。感染した本人は早めに皮膚科にかかり、治療を受けることが望ましいです。続いては、ウイルス性いぼの感染経路である傷を防ぐためには、しっかりと肌の保湿をする必要があります。乾燥していると肌のバリア機能が低下するため、あらゆる刺激に対して弱くなります。また、手荒れや湿疹を防ぐためにも、日常的に保湿を心がけましょう。老人性いぼの原因の一つに紫外線による肌ダメージがあります。夏だけでなく冬もしっかりと日焼け止めを塗り、外出する際は帽子を被るなど徹底した紫外線対策を行うことが求められます。普段から出来ることとして挙げられるのが、健康に気を使うことです。いぼの感染を防ぎこれ以上増やさないようにするために、規則正しい睡眠とバランスのとれた食生活や適度な運動を毎日心がけましょう。いぼは疲れていて免疫力が低下している際に出来やすいので、免疫力が低下しないように注意が必要です。誰にでもできる身近な病気ですが、ワクチンや特攻薬はなく人によっては長期的な治療が必要になる場合があります。出来てしまったら美容皮膚科に行くのが一番効果的ですが、健康な体や皮膚であれば出来にくいと言われています。そのため、出来る前に出来にくくするよう心がける必要があります。まずは、すぐに始められることから実践し、徐々に体づくりをすることをおすすめします。