女の人

安価に除去できる方法

レディ

気になる部分は美しく治療

体のいたるところに発生する可能性のあるいぼは、見た目が悪くなるという他にも、放置すれば悪化するというデメリットがあります。気付かないうちに個数が増えたり大きくなることも珍しくないので、いぼができたら極力早く除去しましょう。いぼは美容皮膚科や美容クリニックで除去してもらえます。治療方法として有名なのは、液体窒素を使った方法です。マイナス196度の液体窒素をいぼに押し付けることで意図的に火傷の状態を引き起こし、かさぶたになって剥がれ落ちるのを待つという方法で、健康保険が適用されるので治療費用を抑えられるという人気の治療方法です。小さいいぼなら数百円で除去できる上に施術自体も数分で済むので、気軽に治療を受けられるでしょう。火傷の状態を起こすので多少痛みは伴いますが我慢できないほどではないので、未成年者でも治療を受けられます。施術後1、2日は水ぶくれになり多少痛みがあるので、小まめに包帯を取り換えたりよく消毒してケアを行いましょう。一週間もすればかさぶたとなって自然に剥がれ落ちるので、でき始めたかさぶたを無理に剥がすようなことはしないでください。10日程度観察して、いぼが再度発生しなければ完治となります。液体窒素を当てることでいぼのウィルスも一緒に死滅させることができるので、再発するという可能性は高くありませんが、何が起こるかわからないので念のため10日間は小まめにチェックしておいてください。医師から内服薬や外用薬を処方された場合は、経過に関係なく使い切る必要があります。自己判断で使用を中断してしまうときちんと治らなくなるので、十分注意しましょう。小さないぼを除去したい場合、液体窒素での治療を受けられないことがあります。その場合は、レーザー治療が適しているので医師に相談してみましょう。レーザー治療は健康保険が適用されないことが多いですが、一万円以内でいぼを除去できるので、比較的手頃だといえます。液体窒素を用いた治療とは違って痛みがなく、傷跡もきれいに治療できるので、顔や手などの目立つ部分のいぼを除去したい場合や女性ははじめからレーザー治療を受けると良いでしょう。