女の人

早急な対策が必要

ナース

適確な治療で肌を守る

杏仁オイルやヨクイニンといった成分が配合された市販薬でも、いぼを治療することはできます。しかし、自宅での治療には多くの時間を有することになる上、市販薬をいくつも購入すれば高額な費用が必要となります。また、いぼは種類によっては放置すると数が増えたり大きくなるものもあるので、早期治療を行う必要があります。市販薬を一定期間使っても改善しない、または悪化したという人はすぐに皮膚科や美容外科クリニックで治療を受けましょう。いぼの除去方法としては、代表的なものに液体窒素治療とレーザー治療が挙げられます。液体窒素治療とは、その名の通り液体窒素を用いた治療方法で、患部にマイナス196度の液体を押し当てて火傷の状態を引き起こします。人為的に火傷を起こして患部を壊死させるという方法で、多少痛みは感じますが健康保険が適用されるため、千円程度で治療を受けられます。徐々に幹部の細胞を死滅させる必要があるため、場合によっては複数回治療を受ける必要があります。時間を掛けずに治療したいという人は、レーザー治療を選択すると良いでしょう。保険が適用されないことが多いので、数万円という治療費が掛かってしまいますが、大抵一度の治療で完治します。麻酔を使うので痛みを感じることもなく、傷跡もきれいに治せるため大変人気の高い治療方法です。美容外科クリニックで治療を行えば、いぼの除去だけでなく皮膚のケアにも重点を置いて治療をしてもらえるので、目立つ部分にいぼがあるという人や女性の方は美容外科クリニックでレーザー治療を受けると良いでしょう。液体窒素治療を受けた場合にも、レーザー治療を受けた場合にも、いぼ自体はすぐに除去できますが治療後はしばらく自身での肌ケアが必要となります。施術後一週間は痛みを伴ったり出血することもあるので、小まめに包帯を変えてケアを行いましょう。ある程度肌が落ち着くまでは、患部に紫外線を当てないなどの努力も必要です。また、かさぶたができたからといって無理に剥がすようなことはしないでください。傷口から菌が入り込んで二次感染を起こすことがあります。万が一施術後に異変を感じたら、すぐにクリニックで医師に診てもらいましょう。