女の人

いぼを治す方法

女の人

種類で異なるいぼの治療法

いぼを大きく分けるとウイルス性と老人性とがありますが、それぞれ発生する原因が異なりますので、種類に合った治療を行う必要があります。医療機関を受診する必要があるのはウイルス性のいぼであり、原因は傷口などからヒトパピローマウイルスに感染することだと言われています。放置すると他の人にうつしてしまう可能性がありますし、落ち着いてきたと感じても再発のリスクが高くなりますので、きちんと殺菌するために医療機関での治療が必要です。一度に除去できるために短期間で治療を終わらせることができるのはレーザー治療です。レーザーというと痛みがあるのではないかと心配をする人も多いのですが、麻酔を使いますので大丈夫です。取り除いた後の傷が治るのに1週間程度かかり、その間は軟膏とテープでその箇所の保護しておく必要があります。その後も完全に戻るまでには数週間かかりますので、紫外線対策を万全にしなければなりません。完治を目指すなら液体窒素療法が適しています。液体窒素療法では、マイナス196度の液体窒素を綿棒に染み込ませていぼに当て、急速冷凍をします。するとその部分は凍傷を起こして細胞が壊死しますので、完全にいぼを無くすことができます。治療中や治療後には痛みがありますし、その後は炎症性色素沈着が起こる可能性もありますので注意しなければなりません。自宅でケアする時にはヨクイニンを飲むのが効果的です。ヨクイニンはハトムギから作られる生薬であり、新陳代謝を高めて肌を整えてくれます。即効性はありませんので長く飲み続けることが大切です。老人性いぼの場合は肌代謝が悪くなってターンオーバーが乱れることで起こります。自宅でのケアも可能であり、肌の代謝を高めるような化粧品や市販の薬を利用します。市販の薬にはハトムギや杏仁オイルが含まれていることが多く、肌をしっとりとさせるような潤い成分も配合されています。そのため、肌の乾燥もしっかり防ぐことができるのです。治療後に綺麗な肌を手入れるためにも、きちんとケアしておくようにしましょう。